nobee

update: 223view

Googleアナリティクスで自アクセス・特定のディレクトリの計測を除外する方法

Googleアナリティクスで自アクセス・特定のディレクトリの計測を除外する方法

こんにちは。nobeeです(ღ*ˇᴗˇ*)。o

ブログを開設し、今は記事数が全然ないのでGoogleアナリティクスでどれだけ流入されているのか、アクセスされているのか...
とかは気にせず、とりあえず記事を書き続けよう!

、、、でも気になるので毎日チェックw

おぉぉーー!!!アクセスある~~~じゃん!
と、思いきや自分でした...

ローカル作業でも親切にきちんと計測してくれますし、本番環境でも動作確認するわけですから、正確な数字じゃないわけですよ。

だったら自分を除外してきちんとした数字でサイトを解析して改善を計るべきですもんね!

というわけで、早速やってみました。

自アクセスを除外する方法

まずは自アクセスを除外する設定です。

自分のIPアドレスを調べます。
下記サイトを開くと現在のIPアドレスが出てきますよ♪

自分のIPアドレスを知る⇒https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi

次にIPアドレスをアナリティクスに登録をします。

アナリティクスの[管理]から行います。

アナリティクスの管理ページ

ページの左下にある[管理]を押すと下記の画面になります。

フィルタページ

①[フィルタ]を押すと「フィルタを追加」ボタンがありますので、ボタンを押します。

フィルタ追加ページ

以上です!!
なんて簡単なんでしょう~~

本当に自分のアクセスが計測されていないかリアルタイムに移動してチェーーック!!

ここでちゃんと除外されているようであれば、おしまい。

ただ私の場合、除外がされていない!?
リアルタイムのレポートがしっかりと記録されていたんです。

そこで調べました!

自アクセスが除外されなかったとき

IPアドレスが「IPv6」でアクセスしている可能性があります。

IPv6では数字とアルファベットの小文字が混合された表記になるようなんです!!

1231:123a:1231:1231:1231:3321:2131:33b2:bb21
みたいな。

なので、まずは自分のIPv6アドレスを調べましょう。
私はココで調べました⇒https://test-ipv6.com/index.html.ja_JP

先ほどの[管理]-[フィルタ]で先ほど登録したIPv4のフィルタは残したままで、新たに「フィルタを追加」にします。

[ビューにフィルタの追加]のところで

新たにフィルタを追加します
IPv6をコピペします

これでリアルタイムで確認したら、計測されなかったんです!!!

ホッ~~ε-(´∀`; )

特定のディレクトリを除外したいとき

このディレクトリは計測しなくていいよ、っていうこともできるんです。

[ビューにフィルタの追加]画面から

特定のディレクトリを除外する方法

これで計測しなくてもいいディレクトリは除外できました~

Googleアナリティクスは無料なのに本当に高機能ですね。。。

share

人気記事